北の写会人

FUJIFILMのミラーレス一眼とコンデジで過ぎゆく日々を記録しています

今夜はステーキ

f:id:rino_yokiira:20191112110157j:plain
撮影カメラ:FUJIFILM X-T1 レンズ:Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8
近所と言えば近所だが、あまり歩かない場所を散策。 洋食屋さんが目に入る。
店内はさほど広くもなく店主らしき人が一人で切り盛り。

先客は、上品そうなおばさま達が4人ほどいた。

今日はステーキにしよう。

まだ咲いている

f:id:rino_yokiira:20191111192338j:plain
撮影カメラ:FUJIFILM X-T1 レンズ:Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8
TVによると今週の金曜あたりに札幌は銀世界になるかもと言っていた。
しかし、こんなに寒くてもよく見るとこんなに花が咲いているんだよね。

私なんかより 花のほうが何倍も生命力があるかもなぁ。

たまに食べたくなるもの

f:id:rino_yokiira:20191111180239j:plain
撮影カメラ:FUJIFILM X-T30 レンズ:XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS
たまに食べたくなるものは人それぞれにあると思いますが 私の場合びっくりドンキーの
ハンバーグが無性に食べたくなります。

今日行ってきました。 いつもは150gしか頼んだことがありませんが 今日は300gと
ライス大盛りにコーンスープとホットコーヒー!!

満腹です。

すずめ

f:id:rino_yokiira:20191111025802j:plain:w440
撮影カメラ:FUJIFILM X-H1 レンズ:XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR+XF2X TC WR
最近、豊平川河川敷を歩いていると、ものすごい数のすずめ達を見かけるので、XF50-140mm に XF2X TC WRを付けてX-H1を持ち出した。
久しぶりの組み合わせは…お・も・い。

X-T1やT-30で楽な撮影しているとその重さを実感しました。 縦位置バッテリーグリップを付けている所為もあるけれど それにしても重いですね。

歳を重ねるごとに軽いカメラのありがたみが身に染みる今日この頃です。

断捨離

f:id:rino_yokiira:20191110114309j:plain:w440
撮影カメラ:FUJIFILM X-T1 レンズ:XR Rikenon 50mm F2
先月のことなんだけれど カメラを2台断捨離した。

もう、このブログのカテゴリーにも無いけれど、OLYMPUS Tough TG-6 と
CANON PowerShot G7 X Mark IIの2台だ。

特に何が悪いという訳ではないんだけれど、使う機会が少ないからだ。
私的には使う機会が少ないカメラは そんなにお気に入りではない傾向にある。

過去の経験からそう判断し、早めの売却となった。
実は、X-T1も その候補となっていたのだが
オールドレンズとの組み合わせで使用するということで手元に残した。

初めて買ったFUJIのカメラ第1号という思いれも多少はある。

デジカメは2003年のCANON EOS 10Dから始まり キヤノン、ニコンの
フルサイズ、オリンパス、ペンタックス、ライカM9、フジフイルムの
流れで現在に至る。  

この16年間で何台のカメラを買い売却を繰り返したことだろうか。
もっとも カメラ好きの皆さんは同じことをやっている方が多いと思いますが。

今はFUJIFILMで落ち着いている。 どうかこの日が長く続きますように。